[記事公開日]2016/02/13
[最終更新日]2016/02/14

チアシードの効果的な食べ方とおすすめレシピ

チアシード

ダイエット・美容・栄養など、さまざまな面で注目を浴びている“チアシード”

チアシードのもつ栄養成分の豊富さから『スーパーフード』と呼ばれています。
チアシードがなぜ『スーパーフード』と呼ばれ多くの女性に支持されているのか。

チアシードの持つ栄養や効果についてご紹介しましたが
今回はチアシードの効果的な食べ方とおすすめレシピについてお伝えします。

 

チアシードの効果的な食べ方


Sponsored Links

多くの女性から大変注目されているチアシードですが
最初に目にしたとき、フードというよりは“種”という印象がつよく
どのようにして食べるのが正解なのか迷われるかと思います。

チアシードの効果を最大限に発揮できる食べ方をご紹介していきます。

チアシードは水にもどして食べる

海外では、チアシードをそのままパンやサラダにふりかけて食べる習慣もありますが
チアシードの持つ特性からもっとも効果的に摂取する方法は

『水にもどしてから食べる』ということです。
水にもどして食べる理由について主に2つあります。

①発芽毒の危険性を取り除く
②チアシードを10倍の量に膨張させる

まず①の発芽毒の危険性についてですが
発芽毒とは、主に玄米や種物に含まれる毒のことで
種子が外部からの敵に食べられることを防ぐために身を守る毒です。

そしてこの発芽毒を取り除くのに効果的な方法が
水に長時間つけてもどしておくことです。

水につけておく時間は様々な見解がありますが
チアシードの10倍の水に12時間以上つけておくのが効果的と言われています。

こうして長時間水にひたしておくことで
チアシードは元の種の状態から約10倍の量に膨張します。

②チアシードを10倍の量に膨張させるについてご説明すると
チアシードのまわりを覆っているグルコマンナンという物質が水を吸うことで膨張し
膨張したものを食べることで“満腹感”を得る効果があるからです。

チアシードはスーパーフードと言われるほど栄養価が高く
そのためカロリーも低くはありません

過剰摂取になるとカロリーオーバーしてしましますので
必ず水でもどして膨らませてから適量を食前に食べるようにします。

膨らんだチアシードを食前に食べることで満腹感が増し
1回の食事の量を減らすことができるのでダイエット効果が期待されます。

水にもどす際の注意事項は、必ずにひたしておくということです。
温度の高いお湯などにひたしてしまうと、発芽毒の抑える効果が薄れるだけでなく
チアシードの持つ栄養素も壊れてしまいます。

チアシードを食べるタイミング


Sponsored Links

チアシードは、自身が得たい効果に合わせて食べるタイミングを選びます。

ダイエット効果を高めたい人は
空腹時や食間に水にもどしたチアシードを食べることで
満腹感を得られる効果があり、食事の量を減らすことができます。

またチアシードには食物繊維が豊富に含まれていることから
便秘解消の効果も得ることができます。

便秘解消の効果を高めたい人は
寝る前に水にもどしたチアシードを食べることで
寝ている間に膨張したグルコマンナンが腸内を掃除してくれるため
朝のお通じに効果があるとされています。

このようにチアシードを食べるタイミングをしっかりおさえておくことで
よりチアシードの効果を得ることができます。

 

チアシードのおすすめレシピ

もちろんチアシードは水にもどしてそのまま食べることも可能です。
ですがせっかく食べるならよりおいしく食べたいものですよね。

チアシードのおすすめの食べ方とレシピをご紹介します。

チアシードヨーグルト

グラノーラヨーグルト

【材料】

ヨーグルト…100g
チアシード…大さじ1杯

もっともスタンダードで多くの人が食べている食べ方です。
簡単に作れるので、時間がない時でもすぐに用意できます。

チアシードの1日の摂取量の目安は大さじ1杯です。
大さじ1杯のチアシードを水にひたして膨張させたあとヨーグルトと混ぜて完成。
お好みでフルーツグラノーラなどを混ぜてもおいしく食べられます。

ヨーグルトと一緒に食べることで便秘解消の効果も高めることができます。

チアシードスムージー

チアシードスムージー

【材料】

ミルク(牛乳、豆乳、アーモンドミルクなどお好みのもの)…200cc
バナナ…1本
マンゴー…1/2カップ
ほうれん草…50g
チアシード…大さじ1

果物・野菜を適当な大きさにカットしておき、ミルクと一緒にミキサーにかける。
できあがったものにあらかじめ水にもどしておいたチアシードを混ぜて完成。

こちらも作り置きができることから手軽に摂取することができるおすすめレシピです。
野菜不足も解消されますし、美容と健康にとても効果的です。

自分の好きなものを入れてアレンジも可能なので
お好みに合わせて材料を変えて楽しむことができます。

 

さいごに

やはりどんな食材でも、その効果を最大限に発揮することが重要です。

チアシードも栄養価が高く注目されている食材ですが
どのような方法で食べるかによって得られる効果に大きさ差があります。

チアシードを食べる際のチェックポイントは

①必ず水でもどして食べること
②1日の適切な摂取量を守ること

この2つです。

またチアシードにも種類があり、ブラックチアシードとホワイトチアシードがあります。
栄養価が高く、おすすめするのはホワイトチアシードです。

ブラックチアシードとホワイトチアシードの違いとその効果についても
お伝えしておりますので、是非参考にしてみてください。


Sponsored Links
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ