[記事公開日]2016/07/10

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?色素沈着を解消するケア方法!

CRI_IMG_6004_TP_V

女性が大きな声で言えない体の悩みの1つでもある「デリケートゾーンの黒ずみ」。

この悩みを抱えている女性は決して少なくありません。ほとんどの女性が一度は気にされたことがあるかと思います。

デリケートゾーンだけではなく、ワキや乳首などの黒ずみをどうにかしたい!!と強く願う女性は沢山います。

なかなか他人には聞けないデリケートゾーンの黒ずみの解消法について、その原因から1つずつまとめていきたいと思います。是非参考にしてみてください。

 

色素沈着とは?

Sponsored Links

人間の肌は刺激を受けると「メラニン色素」を作って肌を守ろうとします。
メラニン色素とは、目、髪の毛、肌などに黒や褐色の色をつけている成分です。このメラニン色素のおかげで私たちの体は、紫外線や活性酸素から守られています。

このことから、肌への刺激から体を守ろうとするとき、色素成分であるメラニン色素が生成され、これが過剰に分泌されて皮膚に沈着してしまうことで起こるのが、色素沈着です。

通常は肌のターンオーバーにより、メラニン色素を含んだ肌も生まれ変わることで次第に消えることがほとんどです。しかし、このターンオーバーが正常に行われなかったり、肌への刺激が継続されてしまうと、そのまま色素沈着となって残ってしまい、消えにくくなってしまうのです。

 

デリケートゾーン黒ずみに悩む必要はない!

デリケートゾーンの悩みはあまり他人に話したりしませんよね。ほとんどの人が自分の現状しか知りません。

「私だけが黒いのではないか?」
「恥ずかしいから相談できない…」

と悩む女性は沢山います。まず安心していただきたいのは、このような悩みを抱える女性はあなた一人だけではなく、ほとんどの女性の悩みであるということ。また、あなたと同じように、他人に相談するのが恥ずかしいから口に出していないだけのこと。

そして、デリケートゾーンの黒ずみに関して、特別深く悩む必要はありません。
なぜなら日本人を含む東洋人の多くの女性の乳首やアソコは黒ずんでいるからです。

よく「アソコや乳首が黒い=性体験が多い」というのを耳にしますが、これは全くのウソ。都市伝説。そんなことは断じてありません。クリニックの医師がはっきりと「違う」と証言されていますのでご安心を。

 

デリケートゾーンや乳首の黒ずみの理由

Sponsored Links

デリケートゾーンや乳首は、メラニン色素の生成が活発におこなわれる場所です。

メラニン色素の生成が活発におこなわれるということは、それだけ色素沈着のリスクが高いということです。

しかし、これはごく一部の女性の話をしているわけではなく、家族、友人、知人、その他大勢の女性全員に該当する話です。上記でもお伝えしたとおり、「私だけ黒い…」なんて悩む必要は全くありません。

ではデリケートゾーンの色素沈着による黒ずみの具体的な原因を見ていきます。

肌への刺激

Vラインの黒ずみが気になったことはありませんか?水着の季節に多いのが特にこのVラインの悩みです。

肌への刺激が加わると、メラニンが生成され肌を保護しようとします。
この肌への刺激は、肌をかいたりこすったりする直接的な刺激だけでなく、衣服や下着のこすれも該当するんです。

サイズの合っていない下着などを着用していると、肌への刺激が強くなり、よりいっそう黒ずみの原因を引き起こしてしまいます。Vラインは特に下着のラインが当たってこすれる部分でもありますからね。色素沈着が起こりやすい部分になります。

ターンオーバー(新陳代謝)の乱れ

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことです。

人の肌は約28日間かけて角化し、それが角質細胞となり、最後にふけや垢としてはがれていく代謝サイクルを繰り返しています。

tun出典:http://taimoukoi.info/issue/8.php

新陳代謝が乱れ、ターンオーバーが正常におこなわれなくなってしまうと、メラニン色素が付着したまま古い角質がはがれ落ちなくなってしまい、結果として色素沈着や黒ずみの原因となってしまいます。

このターンオーバーの乱れは色素沈着や黒ずみを引き起こすだけでなく、肌のくすみ・しわ・しみ・傷の治りが遅くなるなどの原因にもなってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

上記でお伝えしたターンオーバーの周期が乱れる原因として、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。

女性の体はとてもデリケートです。
環境の変化、生活習慣の乱れ、睡眠不足、過度なダイエット、ストレスなどでも過敏に反応し、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

ホルモンバランスが乱れると、ターンオーバー周期だけでなく月経周期にも影響を及ぼし、表皮や体内環境がリセットされにくくなり、色素沈着の原因が生まれてしまいます。

 

デリケートゾーンをケアする方法

デリケートゾーンはその名のとおり、刺激を受けやすいデリケートな部分です。
これ以上黒くさせないこと、美白効果が期待できるケアを継続することが大切になってきます。

デリケードゾーンへの刺激を軽減する

毎日肌に触れ続ける下着の刺激は、デリケートゾーンの黒ずみの原因になります。

自分のサイズに合った下着をきちんと選ぶこと。少しゆとりのある下着を選ぶことでVゾーンに強く当たるのを防ぐことができます。締め付けの強いものはさけましょう。

また下着の素材としては、綿(コットン)や絹(シルク)を選ぶことでお肌への刺激が少なく通気性もいいのでオススメです。Vラインへの刺激をなるべく軽減するのであれば、ボクサータイプのショーツを選ぶことをおすすめします。

ターンオーバーを促進して美白ケア

お肌のターンオーバーを促進させることで、肌の黒ずみをケアすることができます。

ターンオーバーの周期が乱れないよう、ストレスを溜めず、睡眠をしっかりとり、生活習慣を整えることが大切です。また、ターンオーバーを促進する美白効果の得られるクリームを使用することも効果的です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ