[記事公開日]2016/10/20

平尾誠二の死因、病名はがんだったのか?激やせの姿も…

ラグビーの元日本代表監督で、日本ラグビー協会理事、神戸製鋼ラグビー部ゼネラルマネジャー(GM)を務める平尾誠二さんが20日、死去したとの報道が流れました。

平尾さんはまだ53歳。
あまりにも早すぎる訃報に、ネット上での動揺が広がっています。

若くしてこの世を旅立たれた原因は一体何だったのか。
平尾さんのプロフィールも紹介しつつ見ていきたいと思います。

Sponsored Links

平尾誠二のプロフィール

名前:平尾誠二(ひらおせいじ)
誕生日:1963年1月21日
出身:京都府京都市南区

ラグビー日本代表の司令塔として、代表監督をつとめた平尾誠二さん。

神戸製鋼ラグビー部のゼネラルマネージャー(GM)としても活躍されていました。

 

平尾さんはは京都・伏見工業高校出身。
中学入学と同時にラグビーを始めていた平尾さんは、高校でもラグビー部に所属。
高校3年時に全国高校選手権大会(花園)で優勝。

大人気のテレビドラマ、「スクール☆ウォーズ」はこれを基に製作されたドラマでした。

 

1986年に神戸製鋼所に入社。
現役時代はラグビー日本代表としてワールドカップに3大会連続出場し、ラグビー人気を支えた人物でもあります。

現役引退後は、97年から2000年まで日本代表監督を務め、1999年のW杯に出場。
また現在ではまた、2019年のW杯日本大会に向けて、組織委員会の理事と事務総長特別補佐を務め、大会情報の発信や開催都市への助言などでも活躍されていました。

 

まだまだこれから日本ラグビー界を代表する選手の1人として頑張る姿を見せてくれると思っていた平尾さん。
53歳というあまりにも早い別れに動揺の声が多く寄せられています。

 

では平尾さんが亡くなった死因とその病名は何だったのか?

Sponsored Links

平尾誠二、死因は末期がんの可能性

平尾さんの直接的な死因や、患っていたとされる病気の病名などは公表されていません。

ですが、以前からメディア等で平尾さんを見かけるたびに「激やせ」の言葉が飛び交うように。

 

確かにその痩せ方は異常であり、急激に痩せ細る姿を見て「がんを患っているのではないか」とネット上では心配の声が多く寄せられていました。

 

すでにステージ4の末期がんだったのではないかと思われます。

抗がん剤治療はおこなわず、病気のことも伏せ、最後までラグビー界のために天命を全うされたのではないかと考えられます。

 

体調不良で試合観戦に来られない日もあったとか。

今年の4月5日、大阪リーガロイヤルホテルでの講演会で講師として招かれた平尾さんの姿は、激やせがうわさされた時期から更に痩せていたという。

やはりがんの進行が身体を蝕んでいたのかもしれません。

 

最期までラグビー界に貢献し続けた平尾誠二さん。

ご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Links

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ