[記事公開日]2016/09/06
[最終更新日]2016/09/07

ムッシュかまやつ、肝臓がんのステージと余命、現在の病状は?

歌手のムッシュかまやつさん(77)が9月6日、肝臓がんで入院中であることを公表されました。

5月に検査を受けた際に発見され、通院治療をされていたそうです。

しかし、8月23日に脱水のため緊急搬送され、そのまま検査入院したとのこと。

「がん」と聞くと、やはり気になるのが現在の病状。

ステージはどのくらいなのか?現在の進行状況は?余命宣告に関してなど、気になる情報を見ていきたいと思います。

Sponsored Links

日本における肝臓がん

肝臓がんは、大腸がん、肺、胃、前立腺、乳房に次いで第5位に位置しており、死亡数でも第5位ととても身近ながんの一つです。

肝臓がんは初期症状があまりみられないことから、気がついたら末期であったということも稀ではないとのこと。

実際に私の家族もこの肝臓がんで亡くなりました。何の初期症状もなく、別の検査で病院を訪れた際に発覚し、もうその頃には手遅れで末期のがんに達していました。

 

肝臓がんのステージ・進行度は、がんの大きさや個数、広がり具合によって以下のように分類されます。

①がんが1個である
②がんの直径が2cm以下である
③がんが血管浸潤していない(がんが肝臓内の血管や胆管に入り込むこと)

ステージ 状態
ステージI (1)(2)(3)のすべてに該当する
ステージII (1)(2)(3)の内2項目に該当する
ステージIII (1)(2)(3)の内1項目に該当する。またはリンパ節に転移している
ステージIV どれにも該当しない。または他の臓器や組織、リンパ節にまで転移している。

各ステージにおける生存率は以下のとおり。

ステージ 5年実測生存率(%)
I
II
III
IV
49.8
37.7
17.7
7.7

肝臓がんは他のがんと比べても生存率が低く、平均よりも今後の見通しが悪いがんであると言えます。

ではムッシュかまやつさんのがんの進行状況はどの程度なのか?

Sponsored Links

ムッシュかまやつさんのがんのステージと進行具合

ムッシュかまやつさんの肝臓がんのステージや詳細な病状については、緊急入院とのことでまだ公表されていません。

肝臓がんは初期症状の自覚が少なく、見つかったときには進行しているというケースが非常に多いがんでもあります。

またムッシュかまやつさんは77歳。高齢になれば体力の低下も伴い、がん治療も一層大変になり、余命宣告がある場合も考えられます。

今月10日に東京・かつしかシンフォニーヒルズで行われる「ムッシュかまやつ&泉谷しげるトーク&ライブ」に出演する予定でしたが、体調不良で休演することを泉谷さんが5日付の自身のブログで発表。

また、今年5月には、7月7日開催予定だった公演を「健康上の理由」として延期することを公式サイトで発表されていました。

かまやつさんご本人からは、所属事務所を通じて「絶対復活するから心配しないでください!それまでいろいろご迷惑おかけします!」とメッセージが発表されています。

どうかがんのステージが軽く、また元気にステージに復帰されることを願うばかりです。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ