[記事公開日]2016/09/01

小林麻央の余命、現在の症状と重大発表の内容とは?

フリーアナウンサーの小林麻央さんが進行性の乳がんであることが発表されて3ヶ月。
かなり深刻な状態であり、一部では「余命3ヶ月」など、さまざまな情報が飛び交っています。

夫である市川海老蔵も、病状が深刻であるような発言があったものの詳しい状態などについては発言しておらず、さまざまな憶測が飛び交っている状態です。

そんな中、市川海老蔵が「まおのきもち」というタイトルでブログを更新。

「明日お伝えします。というか明日 自分の言葉で伝えるべきことがあるようです。よろしくお願いします」
と、小林麻央さんご本人から重大発表があるような内容が述べられています。

小林麻央さんの現在の症状はどうなのか?
余命宣告はされているのか?
重大発表とはどのような内容なのか?

一般的な乳がんの生存率などから、小林麻央さんの現在の状態を考えてみたいと思います。

Sponsored Links

乳がんの生存率はどのくらい?

がんはその進行具合から、ステージ1~4と分類され、数字が上がるにつれて深刻な状態を表します。

それぞれのステージ別に5年実測生存率(がんの治療を始めた人の中で5年後に生存している人の割合)を見てみます。

ステージ1 生存率95.7%
ステージ2 生存率90.9%
ステージ3 生存率69.7%
ステージ4 生存率32.3%

ステージ4はいわゆる末期がんであり、生存率がかなり減少していることがわかります。

以前、海老蔵さんの会見で
「深刻は深刻」であること、「手術に至らなかったので、抗がん剤治療をしている」という発言から、今回の乳がんは早期発見ではない可能性が高い。

ステージ3もしくはステージ4の状態にあるのではないかという声が多くみられています。

Sponsored Links

小林麻央本人からの重大発表とその内容

市川海老蔵が「まおのきもち」というタイトルでブログを更新。
「まおのきもち、聞いた時、私としては青天の霹靂、目から鱗でしたが、それを願うのなら、と…」

とつづられており、

「明日お伝えします。というか明日 自分の言葉で伝えるべきことがあるようです。よろしくお願いします」
と、小林麻央さんご本人から重大発表があるような内容が述べられています。

具体的な内容には触れられておらず短文ではありますが、複雑な胸中がうかがえる内容です。

 

そんな中、小林麻央さんが自分自身の言葉で発表をされました。
その内容は「ブログの開設」について。

「なりたい自分になる」

小林麻央です。
今日から、ブログを書くことにしました。家族はとても、驚いています。

素晴らしい先生との出会いに心を動かされました。
その先生に言われたのです。

「癌の陰に隠れないで」

時間の経過とともに、癌患者というアイデンティティーが私の心や生活を大きく支配してしまっていたことに気がつきました。

元気になったら元の自分や生活に戻れるのだからそれまでは、誰にも知らせず、心配をかけず、見つからず、、、と思ってきました。

乳がんであることが突然公になり、環境はぐるぐる動き出しました。

そこで、これまで以上に病気の陰に隠れようとして心や生活をさらに小さく狭いものにしてしまいました。
これは自分自身のせいです。

私は力強く人生を歩んだ女性でありたいから子供たちにとって強い母でありたいから
ブログという手段で陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました。

こんな自分勝手な情けない理由でごめんなさい。

でも、一度きりの人生なので、なりたい自分になろうと決意できたことはうれしいです。

癌になってから1年以上が経ち、いつものようには身体が動かなくなった時
元気いっぱいの娘や息子を前に途方に暮れる思いでした。

子供に、「いつも一緒にいられなくてごめんね。何にもしてあげられなくてごめんね。」と胸を痛めてるママがいたら、あなただけでなく、私も同じですと伝えたいです。

今日は、読んで下さりありがとうございます。

 

乳がんの闘病生活をおくる中、やはり進行性のがんということで、だんだんと身体が思ったように動かない状況にあることが伺えます。

しかし今回このように前向きな発表を目にし、今まで以上に更に応援したいという方が増えたのではないでしょうか?

もちろん私もその一人です。

乳がんは女性の16人に1人がかかると言われる病気です。
しかし日本では乳がんの検診率は他の先進国に比べて非常に低い数値となっています。

このようなニュースをきっかけに、一人でも多くの人が乳がんと向き合うきっかけとなればいいなと私は思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ