[記事公開日]2016/09/07

梅宮辰夫、十二指腸がんのステージと余命、現在の病状について

俳優の梅宮辰夫さん(78)が、8日発売の『週刊新潮』で十二指腸がんと報道されるというニュースが飛び込んできました。

これを受け、長女の梅宮アンナさん(43)が本日7日夕方から都内で緊急記者会見を行うとのこと。

 

つい先日、ミュージシャンのムッシュかまやつさんが肝臓がんで緊急入院したという報道があったばかり。

次々と大物芸能人のがん報告に、芸能界だけでなくファンの間でも動揺が広がっています。

 

過去にもいくつかの病気で余命宣告をされていた梅宮辰夫さん。

梅宮辰夫さんの十二指腸がんのステージや余命宣告、現在の病状について見ていきます。

Sponsored Links

梅宮辰夫、余命宣告されていた過去

2016年2月、梅宮さんは肺炎を患い、そこから8つの合併症を引き起こしたことで医者から余命宣告されていたと、以前番組内で発言していました。

風邪を患った際に医者から「すぐ入院してください」と、病状が深刻であることを告げられる。
しかしこの時、俳優の安藤昇さんのお別れ会に出席するため、入院を2日ほど遅らせたとのこと。

このお別れ会に足を引きずりながら出席していた梅宮さんの様子に、「病気を患っているのではないか」との声があがりました。

この時は娘である梅宮アンナさんがご自身のブログにて「疲れが溜まっているだけ」と発言したことにより、大きく取り上げられることはありませんでした。

 

しかし、実際の病状はかなり深刻だったとのこと。

肺炎の他に、心不全、腎不全、糖尿病、高脂血しょう、狭心症など、8つの合併症を併発し意識を無くしていたといいます。

 

梅宮さん自身が78歳と高齢であり体力の低下も見られ、意識が戻らない中、妻のクラウディアさんとマネージャーが医師に呼び出され

「今晩が山場です」

と余命宣告をされていたとのこと。

 

しかしそこから奇跡的に回復し、6月に再びテレビに元気な姿を見せてくれました。

試練を乗り越えやっと元気になったと思った矢先の十二指腸がんの報道に、動揺を隠せません。

Sponsored Links

梅宮辰夫の現在の病状と今後の回復見込みはあるのか

「週間新潮」で報道される梅宮さんの十二指腸がんについて、梅宮アンナさんが緊急記者会見をされるとのこと。

報道前に現状や容体を説明されるとのことで、病状は深刻で、余命宣告もされている状態ではないかと不安の声が挙がっています。

 

過去のいくつもの病気と闘い復活してきた梅宮辰夫さん。

治療で回復したとしても、体力の低下に伴う病気の反動は年々大きくなっていくものです。

過去の病気へのストレスや手術による免疫低下などが原因で、新たな病気に立ち向かうだけの体力が少なくなっていくこともあります。

 

十二指腸がんの80%は良性腫瘍であるものが大部分であると言われています。

しかし進行性のがんでステージ4まで到達すると、5年生存率は1%~25%と非常に低い値になっているおそろしい病気でもあります。

 

梅宮アンナさんの緊急記者会見でどのような発表があるのか。

報道が発表され次第こちらでも随時お伝えしていきたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ