[記事公開日]2016/07/12

熱中症の初期症状【下痢・発熱・吐き気】の原因と予防・対策法

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

夏になると毎日ニュースで目や耳にするのが「熱中症」。

熱中症は誰にでも起こりうるものですが、「自分は大丈夫だろう」と軽視していまう方も多いのが事実です。熱中症にもさまざまな症状があり、きちんと対策をしないと重症化してしまうケースも多々あります。

熱中症と考えられる主な症状とはどのようなものなのか?
熱中症かな?と思ったらどう対応すればいいのか?
熱中症にならないための予防策はどのようなものがあるのか?

知らないと怖い「熱中症」について詳しくお伝えしていきます。

 

熱中症による症状その1【発熱】

Sponsored Links

熱中症による発熱の原因

熱中症の主な原因は、体の中に熱が閉じこもってしまい、うまく放出できないことです。体内に熱が溜まることで体温が上昇し、これが重症化すると「熱射病」になります。

熱射病になると、「意識障害」・「40度以上の高熱」・「発汗停止」などの症状が見られるようになり、最悪の場合、死に至るケースもあります。

軽度の発熱からも急激に体温が上昇することもありますので、微熱だからといって侮ってはいけません。

発熱が起こる主な要因は、湿度や気温が高い場所で体温が上昇すると、体は元の温度に戻そうとさまざまなはたらきをします。毛細血管を広げて体のすみずみまで血液を流し、発汗して熱を外に逃がそうとします。

熱を放出するために一生懸命発汗すると、体内の水分が急激に失われることで「脱水症状」が起こります。体内の水分が不足すると、発汗することができなくなるため、体に熱がこもってしまうのです。

熱中症による発熱の対策

体温が平熱より「1度」上がると要注意です。熱中症による発熱の症状が見られる場合、下記の対策をおこなってください。

  • 衣服をゆるめる
  • 涼しい場所で安静にする
  • 首やわきの下を冷やす
  • スポーツドリンクや経口補水液などを少しずつ飲む

必ず涼しい場所で横になり安静にしましょう。摂取する水分は、体に吸収されやすいスポーツドリンクや経口補水液などを飲むようにします。一気に流し込まず、一口ずつゆっくりと飲みます。

首やわきの下など、リンパを冷やすことで体の冷却効果があります。外に出かける際には、クーラーバックやクーラーボックスにスポーツドリンクや経口補水液と一緒に保冷在を入れておくことで、熱射病の緊急事態にも対応できます。

 

熱中症による症状その2【嘔吐】

熱中症による嘔吐の原因

熱中症には3段階の症状があり、「軽症」・「中等症」・「重症」に分類され、その中で熱中症による「嘔吐」の症状は、二段階目である「中等症」に該当します。

発汗などで流れ出ることで体内の水分や塩分が不足し、血液量が減少することで内臓のはたらきが悪くなることから、吐き気・嘔吐などの症状が見られるようになります。

これは「熱疲弊」とも呼ばれ、体が極限に疲弊している状態でもあります。血液量が減少することから、吐き気や嘔吐のほか、めまいや立ちくらみなどの症状も見られますので十分注意が必要です。

熱中症による嘔吐の対策

熱中症の可能性がある場合、すみやかに涼しい場所に横になって安静にし、以下の対策をとってください。

  • イオン飲料、経口補水液などで水分補給をする

水分、塩分、ミネラルが体内に不足していることから、イオン飲料やミネラルを含む飲み物で体を潤します。吐き気がひどい場合、水分をとるのが困難かと思いますが、少しずつでもいいので摂取しましょう。

水分を補給してもよくならず、呼びかけに対して反応が鈍かったり、汗を全くかかなくなるなどの症状が見られたらすぐに救急車を呼び病院で受診するようにしてください。

吐き気がおさまったあとも、2~3日は容態の急変に注意が必要です。しばらく安静にして様子を見るようにしましょう。

 

熱中症による症状その3【下痢】

Sponsored Links

熱中症による下痢の原因

おなかを冷やしたわけでもないのに下痢になる。この症状に疑問を持つ方も多いと思います。

熱中症による下痢と、夏場に冷たいものを食べた後の冷えによる下痢のメカニズムは全く異なります。

熱中症による下痢の原因は、熱中症時にとった水分の摂り方に原因があると言われています。
熱中症になると、体内の熱を外に逃がすために大量の汗をかきます。その際、水分だけでなく、塩分・ミネラルといった成分も少なくなっていきます。

その時、ふつうの水分だけを補給すると、体内では電解質バランスを保とうとします。つまり、熱中症時の下痢や腹痛は、余分な水分を排出しようと働くことで起こる症状です。

熱中症による下痢の対策

熱中症による下痢への対策としては、水分補給時に「水分だけを摂取しない」ということが大切です。

  • 経口補水液による水分補給をおこなう

熱中症時の水分補給は、水だけを飲むのではなく、必ず塩分やミネラルも補給するようにしましょう。

 

熱中症にならないための予防対策

熱中症は誰にでも起こりうるものであり、症状を軽視していると重症化し、最悪の場合死に至るケースもあります。

正しい予防知識を身につけ、特に熱中症患者が急増する7月~8月は注意するようにしましょう。

  • 暑さを避ける
  • こまめに水分補給をする
  • 日傘や帽子を使用する
  • 生活習慣を整える
  • 室内でも熱中症に気をつける

外出する際には、気象庁が発表している「高温注意報」や「暑さ指標」を参考にし、十分な対策をおこなってから外出するようにしましょう。

また、日ごろの生活習慣が乱れていると、体への負担も大きくなり更に熱中症になりやすくなってしまいます。十分な睡眠をとったり、規則正しい食生活と適度な運動で体を整えておくことも大切です。

熱中症は外だけでなく、室内でも注意が必要です。
電気代がもったいないからと、限界まで暑さを我慢したりしていませんか?これはとても危険な行為です。

暑い時は我慢せず、扇風機やクーラーを利用して必ず熱中症対策をとるようにしてください。特にお年寄りの一人暮らしや、留守番をする子どもが、高温の室内に長時間居たことによる熱中症で病院に搬送、なんていうニュースも毎年耳にします。

熱中症は自分で防げるものです。しっかりと暑さ対策をおこない、体調を整えて楽しい夏を過ごしましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ