[記事公開日]2015/12/06
[最終更新日]2015/12/10

インターネットの引越し手続き

 

約1カ月前に引越しをしたのですが
その際に学んだ“インターネットの移転”について
本当にいろいろありましたのでお伝えしたいと思います!

 

  • ネットと電話をまとめてひかり回線に!

マンションから祖母宅の一軒家に引越しするにあたり
祖母宅のアナログ回線で繋いでいた固定電話もネットと一緒に
フレッツのひかり回線にまとめた方が料金がお得ということで手続きスタート!

固定電話は祖母の名義だったので

 

【ネット&固定電話の名義統一】⇒【まとめてひかり回線の工事】

 

という流れになるとのこと。

名義変更の手続きが完了しないと
電話回線のひかり工事ができないということだったのですが
私にとってインターネット回線が滞るということは
日常生活において大変申告な問題でしたので

 

“先にネット回線の移転工事を行い、名義変更が完了した後
固定電話をひかり回線に切り替えてまとめる”

 

この方法はできないかと相談したところ
可能ではあるが、後日改めて固定電話の工事を行うとなると

 

①訪問費が2回かかる
②通常ネットと電話で1つのモデム設置だが
別々の工事になるとそれぞれのモデムを設置するため
モデムが2つになり、これを後から1つにまとめることはできない

 

おとなしく名義変更完了を待ち
ネットと電話、同じ日に工事をしてもらうように手続きを進めました。

 

  • 引越し中の繋ぎ『Wi-Fiレンタル』

無事名義変更が完了し工事日の予約をとるため連絡。
“最短で約1カ月後です”
上記回答に絶望したのを今でも鮮明に覚えています。

2週間くらいだろうと思っていた私の予想をはるかに上回る1カ月後宣告に
“それまでネット接続どうしよう…”と、ものすごく悩みました。

最初に利用したのは自信が使用しているi phoneの“テザリンング機能”
10Gプランを組んでいるので、あまり使用しなければ
最低限の作業はできるだろうと利用開始!

2日で利用制限かかりました

悲しみを抱えながら通信制限を解除し
“引越し ネット 一時的”
などのキーワードで検索をしたところ
短期間だけ契約できる『Wi-Fiレンタル』があることを知りました!

海外旅行によく行かれる方などはよくご存知のサービスかと思います。

Wi-Fi機器の存在は知っていましたが
短期間の使用でもキャリア契約が必要だと思い込んでいたので
レンタルサービスを知った時は“もっと早く知っていれば”と後悔しました。

早速1ヶ月レンタルのプランに申し込み!
レンタル機には『WiMAX』『Y!mobile』が選択でき
それぞれの特徴としては

 

『WiMAX』契約できるプランに“通信上限なし”があるが
□□□□□□エリア内でも建物の中の電波状態が不安定になる場合が多い

『Y!mobile』…契約できるプランに通信上限があるが
□□□□□□□屋内でも比較的電波が安定している

 

私の場合、かなりの通信量を使用することは想定内だったので
繋がりにくさの懸念もありましたがWiMAXを選択しました。

1階のパソコンにUSBケーブルで直接接続して使用していましたが
若干の遅さはあるものの、問題なく利用できました!
2階で電波をひろうのは難しかったです。

 

しかしこれで通信制限におびえることなく利用できる
ネット環境は整ったので、後は工事日を待つだけ!

のはずだったんです…

しかしこのあと訪れる工事日に問題が発生しましたので
次回はこのまさかのトラブルについて書きたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ