[記事公開日]2016/05/16

デートがめんどくさくて行きたくない時の断り方

-shared-img-thumb-MIMIYAKO85_tewonigiriauhutari20140725_TP_V

恋人のことが嫌いになったわけではないけれど、デートに行くことがめんどくさく感じる。
このように思っている方は実は少なくありません。

愛情がなくなったわけではないのに、デートがめんどくさく感じてしまうのはなぜなのか?
デートに行きたくないときに使える断り方とは?

デートがめんどくさくて行きたくないと思ってしまう理由とその対処法についてご紹介していきます。

 

デートがめんどくさいと思う理由

Sponsored Links

彼氏や彼女が欲しい!と思っている人にとって、「デートがめんどくさい」というのを聞くと、「なんて贅沢な!」と怒られてしまうかもしれません。
実際にこのように“デートに行くのがめんどくさい”と思ってしまう自分に対して、“愛情が冷めてしまったのかな…”と相手に対して罪悪感を抱く人もいるかもしれません。

決定的にコレ!と言って相手を好きでなくなる理由もないのに、デートに行くことが面倒くさくなるのは別におかしなことではありません。
私も彼氏と付き合っているとき、「天気予報が雨」というだけでデートをめんどくさがったものです。
これは彼氏のことを嫌いになった、好きではなくなったというわけではなく、ただ単に“雨の日に外を歩くのがイヤ”だった。それだけです。

ではどのような時に、デートがめんどくさいと思ってしまうのかを見ていきましょう。

オシャレをするのがめんどくさい

女性に多い理由の1つでもあります。
彼氏と会うために、彼の好きそうな服を選び、かわいく見えるメイクを研究し、前日のお肌のお手入れは念入りにと、おしゃれの為に時間を使うことが多くなります。
“前のデートのとき、この服着て行ったけ!?”など、デートが頻繁になってくると、かぶらない服装を選ぶのも一苦労です。

誰しも付き合い始めの頃は、服装もメイクも髪型もバッチリ決めてデートに行く人が多いと思います。
それが時間が経つにつれてだんだんとめんどくさくなり、オシャレするのがめんどくさい…⇒デートに行くのがめんどくさいという結果につながっていくのです。

休みの日はゆっくり寝ていたい

一週間仕事を頑張った翌日の朝はゆっくり休みたい!と思う人も多いでしょう。
もちろん私もそのうちの一人です。

仕事が忙しかったり、ゆっくりとした休養がとれていない日が続くと、デートに行くよりも自分の体を休めるために時間を使いたくなるものです。
会社に行く日より早く起きなくてもいいとしても、準備のためにはこの時間に起きなくてはいけない!と思って寝るのと、何もないから何時に起きてもかまわない!と目覚まし時計もかけずに寝るのとでは、気持ちが全然違いますよね。

せっかくの休みの前日には、録画したドラマを一気にみたり、少し遅くまでお酒を飲んだり、ネットサーフィンをしたり、ゲームをしたり…。夜更かししたい欲望は誰しもあると思います。
しかし、翌日のデートのことを考えるとそうもいかないのです。自分が今やりたいことを妨げられたとき、人はとてもストレスを感じます。

彼氏や彼女に会うよりも、休日を満喫したい!ゆっくりしたい!という気持ちが勝ると、デートに行くのがめんどくさくなります。

お金を使うのがめんどくさい

デートで外出をすればお金がかかります。
交通費・食費はもちろん、行く場所によっては様々な費用が発生します。

財布の中身がが寂しいとき、お金を使用する場面を想像してはデートに行くのが億劫になります。
頻繁にデートで外出していると、そんなにお金を使ったつもりはないのに今月ピンチ!なんてこともしばしば。
形として手元に残るものにお金を使うより、消えものにお金を支出する機会が多くなるからです。

今月はこれ以上支出を増やしたくないな…という思いが強くなると、結果的にデートに行くのを控えたくなります。

他にやりたいことがある

休みの日をデートに使うのはもちろん素晴らしいことですが、会社に行っている日にはできない趣味など、自分のやりたいこともあると思います。
デート以外にも私生活で優先的に消化しなければならない事情もあったりするでしょう。

お互いが休みであれば必然的に会う流れになっている。というカップルもいます。
では休みの日にしかできない、“自分のやりたいこと”はいつやるのでしょう?そう、休みの日しかありません。

どうしても他にやっておきたいことがある場合、デートをすることで先延ばしになってしまうため、デートに行くのをキャンセルしたいなという気持ちが強くなります。

彼氏との時間を大切にするために、自分がやりたいことを一つ二つ制限必要がある。と思うと、ちょっぴりデートがめんどくさく思ってしまうのです。

 

 

デートがめんどくさいときの断り方

Sponsored Links

彼氏・彼女とのデートがめんどくさくて行きたくないとき、どのようにして断るのがいいのか。
“約束を断る”“ドタキャン”というものは、大抵の場合、罪悪感を伴うためなるべく避ける選択肢です。

ですが、どうしても気分が乗らずデートに行きたくない!という日もあるかもしれません。
そんなときの対処方法をお伝えしていきます。

「体調が悪い」と言って断る

もっとも多くの人が使用している決まり文句ではないでしょうか。
私はよく利用していました。

「体調が悪い=高熱・重病」というわけではありません。
自分にとっての体調の良し悪しは自分のさじ加減です。

前日まで仕事に追われ、疲れがとれない。これも「体調が悪い」の一つです。
女性には「生理痛」というものがありますが、これは男性によって理由として受け入れられる場合とそうでない場合があります。
実際自分が感じられない痛みに対しては鈍感である男性もいるということです。

当日の朝に突然使用してドタキャンにするよりは、前日の夜に「会社にいるときから少し体調が悪くて…」など、布石を置いていた方がより効果的でしょう。
「明日の朝まで様子を見てて連絡するね」と伝えておけば、“デートに行きたいという気持ちはある”というふうに認識してもらうことができるはずです。

どうしても外せない急用ができたと言って断る

前日まで彼氏・彼女と元気に会話していた場合、上記のような体調不良を理由にするには良心が痛みます。
そんなときによく利用されるのが、「どうしても外せない急用」です。

・親戚が急に来ることになって顔を出したい
・上司に仕事の件で呼び出された
・友人がピンチで助けてあげたい

などなど。理由として使えそうな急用例はさまざまあります。
この方法を使用する際気をつけることは、「急用って何?」と深く問い詰められる可能性があることです。

お付き合いしている相手はどのような性格なのか把握しておき、理由を聞かれた際に怪しまれない内容を用意しておく必要があります。
ノープランであることないことを口走ってしまうと、ウソがバレてしまうので注意しましょう。

親の体調が悪い

両親と一緒に暮らしている場合であれば、親が体調が悪く病院に連れて行く。
離れたところで暮らしている場合は、心配なので様子を見に行くなど、「両親に対する急な都合」というのは理由としてとても強い効果があると思います。

大切な彼氏・彼女の両親の一大事に、「そんなのいいからデートに来てよ!」なんていう人はそうそういないでしょう。
むしろそのような発言は見られた場合、少しお付き合いを考え直した方がいいかもしれません。

しかし、何度も家族を病気に仕立て上げていては、疑われる可能性がかなり高くなりますので注意が必要です。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

気分がのらない、どうしてもゆっくりしたい、一人の時間もほしい!
と思うときは、無理にデートに向かう必要はないと思います。

むしろ気分が乗らない状態でデートに向かい、相手に気を使わせるだけでなくケンカなどのトラブルになっては更に面倒くさいことになってしまいます。

しかし、何度も続けてデートに行くのがめんどくさく感じるようであれば、本当に相手のことを好きでいるのかどうか考えなおした方がいいかもしれません。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ