[記事公開日]2016/07/03
[最終更新日]2016/07/04

結婚式場は何ヶ月前から予約するべき?予約金はいくら必要?

CDS_weddings_TP_V

人生の一大イベントである“結婚式”。

みなさんそれぞれ理想の結婚式が頭の中にあると思います。

いざ結婚式をする!となったとき、結婚式場は何ヶ月前から予約しておくものなのか?予約金はいくらくらい必要なのか?

結婚式の日取りと式場の予約について詳しくご紹介していきます。

 

結婚式をする日を決める

Sponsored Links

入籍日、挙式日を決めます。

2人の思い出の日、記念日、誕生日など、カップルによってさまざまです。入籍日と挙式日を同じにするカップルも多いですね。

入籍日や挙式日はおめでたい日であることから、仏滅などの暦的によくないとされる日は避けるのが一般的。しかし最近ではあまり気にしないというカップルも増えており、式場も仏滅の挙式プランを格安で提供しているところも少なくありません。

入籍日や挙式日について縁起のよい日をまとめていますので、こちらを参考にしてみてください。
入籍日の決め方!2016年の縁起が良い日
入籍日の決め方!2017年の縁起が良い日

 

結婚式場は何ヶ月前から予約可能か

挙式日が決まったらいよいよ予約!

結婚式場の予約可能期間に関しては、何ヶ月前から予約可能!というような制限を設けていないところがほとんどです。

むしろ早ければ早いほど希望している日をおさえることができます。
人気の式場であれば、1年前から予約は当たり前。半年前になると希望日はほとんど選べないことが多いです。挙式希望日が土日祝などであれば、競争率はグンと跳ね上がります。

 

結婚式が多く予約がとりにくいシーズン

春と秋です。気候が安定する4月~6月、10月~11月は式場の予約が集中します。

夏場と冬場は比較的空いていることが多いです。真夏の7月~9月や真冬の1~3月は直近の予約でも空いている可能性が高くなります。

「この日に挙式をしたい!」と強く思っている日が上記の人気シーズンに入るようであれば、1日でも早く予約できるように動くことがベストです。

 

何ヶ月前から予約を入れるカップルが多い?

Sponsored Links

半年~1年前です。
2ヶ月前には招待状を配布したいところなので、最低でも3ヶ月前がいいですね。ちなみに私は弾丸で挙式日を決定したので3ヶ月前に決めました。

何ヶ月前から予約をとっておくか、という考えではなく、自分が挙式したい式場は何ヶ月前からなら日にちを指定できるだけの空きがあるかということです。

1番目の候補の式場で結婚式をしたいけれど、どうしても挙式をしたい日がとれないため、2番目の候補の式場に決めた。というカップルはとても多いです。

あらかじめ希望日がある場合は1年前からでも全然早くありません。早く予約した方が希望日はとれるし、準備にゆっくり時間をかけられるため、気持ちに余裕を持って準備することができます。

 

予約金はいくらくらい払うの?

5万~20万円が相場です。

内金として先に支払う式場が多いです。結婚式の規模や式場によっても異なってきますので、見学等で足を運んだ際にあらかじめ聞いておくようにしましょう。

この内金を支払った時点で正式契予約となります。支払後に「違う式場に変更します」という理由は認められない場合がほとんどで、返金はほぼありませんのでご注意ください。

その他契約成立後は、経過日数によってキャンセル料が発生する場合もあります。契約時には細かいところまでしっかりチェックしておくようにしましょう。

 

結婚式場の予約についてのまとめ

私の場合、希望の挙式日までに余裕がなく、挙式まで1年待つのもちょっと・・・ということですぐさま結婚式情報サイトを巡り、即日式場を何件かまわって即決しました。

挙式まで3ヶ月もあるし、準備もゆっくりできるだろう。と思っていたのが甘かったですね。決めることややることが結構あるんです!

日にちが迫ってくると、気持ちが焦ってきて妥協心がいろいろと出てきてしまいます。素敵な結婚式にはなりましたが、もっと早く余裕をもって準備をしていれば、あんなことやこんなことにも気を配れたのにな。という反省点は多々ありました。

早すぎるかな?なんてことはありません!経験から申し上げますが、準備期間はあればあるだけ心に余裕が生まれます。心に余裕が生まれると、いろんなところに気を回すことができますので、よりよい結婚式に向けて演出等を考えられるようになります。

結婚するのは急に決まるものですから、あらかじめ日程調整しておくというのは非常に困難です。なので、結婚が決まったら、すぐに式場予約の情報収集をおこないましょう!

Sponsored Links

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ