[記事公開日]2016/07/17
[最終更新日]2016/07/19

遠距離恋愛を長続きさせるためのコツ5つ

SAYA160105253341_TP_V

遠距離恋愛がうまくいくか不安・・・。

そんなカップルは実は沢山います。

突然の引越し、違う学校への進学、就職先が離れる、会社の転勤などなど、カップルによってさまざまな事情があります。

会えない距離を乗り越え、遠距離恋愛がうまくいくコツをお伝えしていきます。

 

こまめに連絡をとる

Sponsored Links

遠距離恋愛を始めてまず最初に気になって眠れなくなるとすれば、“相手に新しい恋人ができたらどうしよう”という不安だと思います。

どんなに大好きな人でも、他人を心の底から信用するというのは簡単なことではありません。見えないことに不安を感じるのは誰しもあることなので気に病むことはないです。

不安をただ感じ続けているだけでは、自分の心に負担がかかりますし、彼氏・彼女を信用していない自分が嫌だと自己嫌悪に陥ったりしてしまいます。また、こういった負の感情を持っていると、相手に対しての言葉にトゲが出てきたり、普段どおりの状態で話をすることができなくなることもあります。

そこで大切なのが、お互いがこまめに連絡をとりあうこと。

こまめに連絡をとることで、大好きな彼や彼女の不安な気持ちを解消してあげられます。また、相手の近況も知ることができるので、微妙な環境や心情の変化なども察知しやすくなります。

 

相手に依存しすぎない

相手を想いすぎるあまり、会えないことや思うように連絡がとれないことで不安になり、相手のことしか考えられなくなることがよくあります。

遠距離恋愛で最も大切なのは「相手に依存しすぎない」ということです。

依存しすぎると、自分だけでなく、相手も“重いな”と感じてしまう可能性があります。
相手が何をしているか全てを知っていないと不安になったり、連絡がこないことに「なんで連絡くれないの?」と、本当の意味で相手を思いやる気持ちが欠けてきてしまいます。

まずは一人の時間も楽しめる自分になること。これが大切です。
一人の時間を潰すというような考え方ではなく、自分を磨く時間ととらえましょう。趣味のことを始めたり、習い事をしたりすることで、自分の魅力を高めることができます。

自分磨きをすることで、次回彼や彼女に会った時“魅力が増してる!”と思ってもらえると嬉しいですよね。

 

不安を溜めすぎない

Sponsored Links

遠距離恋愛は色々と我慢することが増えてきます。

今まで近くにいたときは、頻繁に会うことで不安要素を解消していたものが、遠距離恋愛になると、不安に思ったことや気になったことをすぐに話し合えない状況から、ストレスを溜め込んでしまう傾向があります。

遠距離恋愛を始めたばかりのときは気にならなかったことも、徐々に我慢が積み重なり、些細なことでも不安になってしまいます。

色々言うと相手の負担になってしまうかもしれないと、言いたいことを我慢してしまうことも多々あるかと思います。遠距離恋愛を始める前に、お互いに何かあったらきちんと話し合おうねと決めておくのがいいかもしれません。

こまめに連絡をとりながら、お互いに不安や不満をきちんと話し合う機会をつくるようにしましょう。

 

手紙を書く

ネットやスマホが普及している今、遠距離でも気軽に連絡を取れることからあまり使用しなくなったのが「手紙」です。

遠距離恋愛をしているからこそ、メールやLINEではなく、手紙で想いを伝えてみてはどうでしょうか?

無機質なフォントの文字を読むよりも、大好きな彼や彼女の直筆の字で文面を読む方が、よっぽど感情が伝わりますし、あったかい気持ちになります。

デジタルの手軽さももちろん便利ではありますが、アナログのあたたかみは遠距離恋愛をするカップルにとって、相手を少しでも身近に感じることのできる手段でもあります。

手紙の他に、そっと写真を添えるのもいいですね。今は写メを送り合うことで簡単にやりとりができますが、一枚の写真として紙に出すことで、より一層思い出が深まります。是非試してみてください。

 

会える時間を大切にする

遠距離恋愛で一番心苦しいのが、会える時間や機会が極端に減ってしまうということです。

そんなときだからこそ、二人で会える時間をお互いが大切に思うことが重要です。

久しぶりに会えるデートであることから、いつも以上に張り切ることもあるでしょう。しかしその張り切りが裏目に出てしまい、せっかく会えたのにケンカをして終わってしまったというカップルもいるのではないでしょうか?

貴重な時間を思っていたスケジュールどおりにいかなかったり、何気ない相手の言葉が気になったり。しかしこれは、会えない時間に積み重なった不安や想いがあるからだと思います。

せっかく会えた貴重な機会をケンカで終わらせてしまっては、不満が募るばかりです。デートプランの内容よりも、二人で一緒に居られる時間を大切に想う気持ちを一番に考えることで、自然と楽しい時間になるはずです。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ