[記事公開日]2016/11/08
[最終更新日]2018/05/11

博多駅前道路陥没、原因は工事による土砂流出か?画像も

2016年11月8日早朝、福岡市博多駅前で道路が陥没しているのが発見されました。

早朝だったこともありケガ人などの報告はない様子。

速報によると、道路陥没現場付近でガス漏れがみられているとのこと。

陥没範囲はかなり広く、通勤や通学、交通にもかなりの影響がありそうです。

 

では今回の道路陥没の原因は何だったのかについてみていきましょう。

Sponsored Links

地下鉄七隈線の工事の影響が原因か?

今回の道路陥没の原因は究明中ですが、地下鉄七隈線の工事の影響ではないかと言われています。

幸い陥没したのは早朝だったため、けが人は見つかっていないとのこと。

縦横15メートル、深さ15メートルにわたって陥没したそうです。

周囲は全面通行止め、かなりの交通渋滞が予想されそうです。

 

現在この道路陥没の影響で博多駅は停電し、通勤通学にも影響が出ています。

また九州電力によると、午前5時15分頃から周囲で停電が発生しており、復旧作業が進められているとのこと。

現在も100戸以上で停電しているとの報告があります。

早朝にツイートされた画像より現在は更に陥没が拡大。

今後も陥没範囲が広まる可能性もあり、かなり危険な状態です。

信号機の落下も確認されており、陥没した穴の中では水道管から漏れ出したとされる水も確認されています。

 

現在復旧の見込みはわかっておらず、交通局が詳しい原因の調査を進めているとのこと。

詳細が分かり次第随時更新していきます。

 

今回道路陥没があった付近では、以前にも同じ道路陥没を起こしていました。

Sponsored Links

道路陥没した過去あり

福岡市では過去にも同じように道路陥没が陥没したことがあります。

2014年10月27日、福岡市博多区が陥没。

この時の原因は、たて杭施工事の地盤改良が不十分だったとのこと。

またこの陥没が発生したのも市営地下鉄七隈延伸工事の現場付近。

陥没した場所から6mほどはなれた工事のたて杭に、道路下の土砂が流出したことで発生したとされていました。

 

今回の陥没も同じ原因で発生したのであれば、過去の事故から状況が改善されていないことが判明するかと。

前回も今回もたまたま通行人などがいなかったものの、かなりの規模の道路陥没。

きちんとした原因の究明と説明が早急に必要と思われます。

Sponsored Links

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ