[記事公開日]2016/02/25
[最終更新日]2016/07/04

入籍日の決め方!2016年の縁起が良い日

婚約指輪

結婚することが決まり、いよいよ入籍!
でも入籍日っていつがいいんだろう?縁起がいい日っていつだろう?

これから入籍をするにあたり、入籍日をいつにしようか迷われている方必見。
2016年の入籍日するのに縁起が良い日をご紹介します。

⇒2017年度版はコチラ!

 

入籍日として縁起が良いとされている日ベスト3!


Sponsored Links

結婚や入籍日は、二人が出会った日や記念日など、様々あると思います。
そんな二人にとって大切な出発点にもなる入籍日にとって、縁起が良いとされる日はどんな日なのかを見ていきます。

第1位:天赦日

「てんしゃにち」もしくは「てんしゃび」と読みます。
あまり耳なじみのない言葉かもしれませんが、一般的に吉日とされる「大安」よりもさらに縁起が良い日とされています。

天赦日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、日本の暦の上で最上の吉日とされています。

新しい何かをスタートさせたり、躊躇していたことに挑戦するのに適した日とされており、年に5~6回しかない貴重な開運日です。

天赦日に行うとよいとされているものは…

  • 結婚、結納、入籍、慶事
  • 出生届
  • 引越し
  • 開業
  • 財布の新調

などがあり、また今までためらっていた物事に挑戦してみるのにも良い日とされています。

2016年(平成28年)の天赦日一覧
2月 26日(金)
4月 26日(火)
5月 12日(木)
7月 11日(月)
9月 23日(金)
12月 8日(木)

第2位:一粒万倍日


Sponsored Links

こちらも天赦日同様、あまり聞いたことのない人が多いかと思います。
「いちりゅうまんばいび」もしくは「いちりゅうまんばいにち」と読みます。

たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、素晴らしい稲穂になるということを表しており、大安と並ぶ吉日とされています。

一粒万倍日に行うとよいとされているものは…

  • 開業、仕事始め
  • 種まき
  • 結婚、祝い事
  • 銀行口座の開設、宝くじの購入

一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味があることから、借金をしたり、人から物を借りたりすることは苦労が何倍にもなってしまうとされており、注意が必要です。

2016年(平成28年)の一粒万倍日一覧
1月 7日(木)10日(日)19日(火)22日(金)31日(日)
2月 3日(水)6日(土)13日(土)18日(木)25日(木)
3月 1日(火)9日(水)16日(水)21日(月)28日(月)
4月 2日(土)12日(火)15日(金)24日(日)27日(水)
5月 9日(月)10日(火)21日(土)22日(日)
6月 2日(木)3日(金)5日(日)16日(木)17日(金)28日(火)29日(水)
7月 11日(月)14日(木)23日(土)26日(火)
8月 4日(木)10日(水)17日(水)22日(月)29日(月)
9月 3日(土)11日(日)18日(日)23日(金)30日(金)
10月 5日(水)15日(土)18日(火)27日(木)30日(日)
11月 11日(金)12日(土)23日(水)24日(木)
12月 5日(月)6日(火)7日(水)8日(木)19日(月)20日(火)31日(土)

第3位:大安

言わずもがな一般的に吉日として認識の高い日が「大安」です。
「大いに安し」の意味で六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の中で最も吉の日とされており、一般のカレンダーにも良く記載されています。

2016年(平成28年)の大安一覧
1月 4日(月)15日(金)21日(木)27日(水)
2月 2日(火)12日(金)18日(木)24日(水)
3月 1日(火)7日(月)12日(土)18日(金)24日(木)30日(水)
4月 5日(火)9日(土)15日(金)21日(木)27日(水)
5月 3日(火)8日(日)14日(土)20日(金)26日(木)
6月 1日(水)5日(日)11日(土)17日(金)23日(木)29日(水)
7月 9日(土)15日(金)21日(木)27日(水)
8月 2日(火)7日(日)13日(土)19日(金)25日(木)31日(水)
9月 4日(日)10日(土)16日(金)22日(木)28日(水)
10月 3日(月)9日(日)15日(土)21日(金)27日(木)
11月 1日(火)7日(月)13日(日)19日(土)25日(金)29日(火)
12月 5日(月)11日(日)17日(土)23日(金)

 

2016年の結婚・入籍に最良の日は?

結婚式

  • 7月11日(月)【天赦日+一粒万倍日】

    2016年の入籍日としてもっとも最良の日は7月11日(月)です。
    この日は天赦日+一粒万倍日だけでなく、母倉日(ぼそうにち)という日も重なっています。母倉日とは、母が子を育てるように天が人間を慈しむ日という意味で、「七箇の善日」の一つで、特に婚姻には最適とされています。

  • 9月23日(金)、12月8日(木)【天赦日+一粒万倍日】

    天赦日と一粒万倍日が重なった9月23日(金)と12月8日(木)が第2位になりました。
    両日とも年に2回しかない貴重な吉日です。

  • 6月5日(日)【大安+一粒万倍日】

    第3位にランクインした6月5日(日)は天赦日ではありませんが、大安+一粒万倍日にあわせて、新月が重なる日です。新月は新しい月の始まりを表しており、人間も月のメカニズムに合わせて行動をすると運気が上がるといわれています。

入籍日が決まれば次は婚姻届の提出!
婚姻届と入籍についての流れや必要書類についてはこちらをチェックしてみてください。
婚姻・入籍に必要なものとは?手続きの流れと必要書類について
入籍した女性に必要な手続きとは?結婚後の改姓を1日で終わらせる方法

入籍日や挙式日を決めたら、今度はとても大切な「式場選び」です。結婚式場の予約はどのくらい前からできるのか?予約金などはいくらくらいいるのかについて是非こちらもチェックしてみてください。
結婚式場は何ヶ月前から予約するべき?予約金はいくら必要?

まとめ

いかがでしたでしょうか。
現在はあまり吉日であるがどうかを気にしないという方も多いです。

実際私の結婚式の日や入籍日も自分達夫婦は気にしていませんでしたが、両親からは“必ず大安を選ぶように”と念を押されていました。

入籍日の日取りに迷ったときは是非参考にしてみてください。


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ