[記事公開日]2016/07/05

色素沈着を治す!黒ずみの原因に効くおすすめケア用品と予防方法

CRI_IMG_5993_TP_V

多くの女性の悩みの1つである「色素沈着」。

色素沈着は顔だけでなく、人によってさまざまな体の箇所で色素沈着に関する悩みがあるかと思います。
また、色素沈着は一度なってしまうとなかなかとれないという、大変困った肌トラブルの1つでもあります。

色素沈着とは、どのような状態なのか?
自分で治すことはできるのか?
色素沈着に効果的なケア用品とは?

今回は女性のお肌の天敵「色素沈着」について解説していきます。

 

色素沈着とは?

Sponsored Links

人間の肌は刺激を受けると「メラニン色素」を作って肌を守ろうとします。
メラニン色素とは、目、髪の毛、肌などに黒や褐色の色をつけている成分です。このメラニン色素のおかげで私たちの体は、紫外線や活性酸素から守られています。

このことから、肌への刺激から体を守ろうとするとき、色素成分であるメラニン色素が生成され、これが過剰に分泌されて皮膚に沈着してしまうことで起こるのが、色素沈着です。

通常は肌のターンオーバーにより、メラニン色素を含んだ肌も生まれ変わることで次第に消えることがほとんどです。しかし、このターンオーバーが正常に行われなかったり、肌への刺激が継続されてしまうと、そのまま色素沈着となって残ってしまい、消えにくくなってしまうのです。

 

色素沈着の原因

色素沈着の原因は「肌への刺激」です。

肌に刺激が与えられたとき、体を守ろうとして生成されるメラニン色素が肌に沈着するのが色素沈着の原因です。

では色素沈着の原因である「肌への刺激」とはどのようなものが挙げられるのか見ていきます。

色素沈着・黒ずみの原因①【肌への刺激】

肌への刺激といっても、どの程度の刺激が原因となるのかはあまり知らないですよね。
では色素沈着による黒ずみの原因となる刺激をお伝えします。

・肌をかく、こする
・衣類による摩擦
・下着による摩擦

いかがですか?肌をかいたり、こすったりすることが刺激になるというのはすぐにわかると思います。
ですが、肌への刺激はこのような直接的なものだけでなく、衣服による摩擦もメラニン色素生成の原因となる刺激に該当するのです。

色素沈着の中でも特に多くの女性が悩んでいる「デリケートゾーン」の色素沈着。
特にビキニラインは下着の摩擦を受けやすい箇所であり、色素沈着の悩みとしてよく挙げられる部分です。自分のサイズにあっていない下着をつけることも、一層刺激を強くしてしまう原因となるため、きちんと自分のサイズに合う下着を見につけることが大切です。

色素沈着・黒ずみの原因②【紫外線】

色素沈着の原因として最も気をつけなければいけないのが「紫外線」です。

大量の紫外線を浴びることで、肌が防御機能をはたらかせ、メラニン色素を活発化させます。
紫外線を浴び続けてしまうと、常にメラニン色素が生成されつづける状態となり、紫外線を遮断した後も、メラニン色素の生成が活発になったまま終わらない!なんていう事態にもなってしまいます。

また、紫外線は、色素沈着による黒ずみだけでなく、シミ・そばかすの原因にもなります。
あらゆる肌トラブルを回避するためにも、紫外線対策は必要不可欠です。

紫外線は暑い真夏の間だけでなく、年中地表に降り注いでいます。紫外線対策はいつ頃から開始するべきなのかについて詳しくお伝えしていますので、こちらも是非参考にしてみてください。
紫外線量はいつから増える?月別の多い時期や時間帯

 

色素沈着・黒ずみの原因③【ターンオーバーの乱れ】

ターンオーバーとは、「肌の生まれ変わり」のこと。

8-e1403057855207

出典:肌らぶ

ターンオーバーが正常にはたらくことで肌が生まれ変わり、色素沈着や黒ずみの原因がはがれるようになります。

ターンオーバーには周期があり、早まることで肌がより新しく生まれ変わるように思われがちですが、ターンオーバーの周期は早すぎても遅すぎても肌トラブルの原因となります。

色素沈着や黒ずみの原因対策としては、正常なターンオーバーの周期をキープすることが大切になってきます。

 

色素沈着の予防方法

Sponsored Links

色素沈着の原因となる肌への刺激を予防するには、以下の項目に気をつけましょう。

・紫外線対策をきちんとおこなう
・日焼けや虫刺されの炎症は放置せず、薬やスキンケアを使用する
・肌のターンオーバーが正常におこなわれるよう、洗浄・保湿などのケアをおこなう
・タオルやボディブラシ等での肌への摩擦は厳禁
・生活習慣の乱れをなくす(食事・睡眠・ストレス)

特に色素沈着や黒ずみの原因としてついついやってしまいがちなのが、体を洗うときや洗顔の際に、肌をごしごしとこすってしまうこと!

汚れを落とそうとする気持ちはわかるのですが、これはとても肌への刺激が強く、毎日の摩擦が積み重なることで色素沈着が治らない原因にもなります。

 

色素沈着や黒ずみに効くケア用品

一度おこるとなかなかとれない色素沈着や肌の黒ずみ。そんな悩みに最適なケア用品をご紹介していきます!

濃厚本舗:ホワイトクリーム

大容量でこの価格とあり、楽天ショッピングでも常に1位をキープしています。
自分自身だけでなく、母の日や友人の誕生日プレゼントなどにもおすすめの一本です。

クリニックのために開発された皮膚科のシミ治療にも使われている実力はのクリームです。

顔だけでなく、脇・ひざ・Vライン・お知り・虫さされ・ひじなど、様々な場面で使用することができます。

 

ルミキシル:ルミキシル&プラスピュアプラスソープHQ

「ルミキシル」は、米国スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい成分「Lumixylペプチド」を配合したクリームのこと。

医療機関でも多く使用されている「ハイドロキノン」より、ルミキシルの方が17倍も高い有効性を持つことが確認されているとのこと!

その「ルミキシルクリーム」と「ハイドロキノン石鹸」のお得なセットです。

こちらももちろん顔だけでなく、体全体のケア用品としてお使いいただけます!

 

ホメオバウ:アイクリーム

多くの人が悩む「目元の色素沈着」。
私もこれに悩む一人です。

お顔の印象を左右する目元の色素沈着の改善に人気なのが、ホメオバウのアイクリームです!

目の周りの皮膚は他の箇所に比べて非常に薄く、デリケートな部分でもあります。そんな目元のために厳選された美肌成分を使用しているのがこのアイクリームです。

クマ・くすみ・しわ・しみ・たるみなど、目元の全ての悩みにレスポンスしてくれるクリームとして大変人気です!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

色素沈着は先天的なものもありますが、そのほとんどは紫外線は肌への刺激によるものです。

色素沈着は、間違ったスキンケア方法などで発生するものも多く、正しく洗顔や保湿をしているつもりでも、結果的に肌を傷つけている場合もあります。

色素沈着は一度発生するとなかなかとれにくいものですが、正しい予防をすることできちんと防ぐことができます。

お肌に優しい生活習慣とスキンケア方法を心がけていきましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ